電気代が安いウォーターサーバーはどれ?

ウォーターサーバー選びは慎重に!

手軽に自宅で美味しい水を飲むことのできるウォーターサーバー。最近では安心できる水を買い求めることが当たり前の傾向となっているため、料理はもちろん、災害用の予備用としても一般家庭での利用者が増えています。
このウォーターサーバーを利用するにあたっては、様々な水の種類やサーバー使用料、メンテナンス料などを比較することで決定することが多いものですが、意外に月々の電気代にまで気が回っていないケースも。ウォーターサーバーは菌の繁殖を防ぐためにも常時通電しておく必要があり、機種によっては月々の費用が思ったよりも高くなってしまったということになりかねないので、選ぶ際には是非頭に入れておきたいポイントとなります。

電気代はどれくらいが相場?

一般的なウォーターサーバーの月々の電気代の平均額は1000円から1200円程度ですが、この金額の差は設定温度や設置する場所によっても変化するものなので、設定温度などを調整することで多少抑えることはできるもの。しかし機種によっては節電タイプのものもあるため、このようなタイプを選択することがおすすめとなります。
このような節電タイプには「エコモード」がついていて、これを利用した場合には月々330円という電気代。毎月必要となる電気代がこれだけ違うことで、年間トータルするとかなりの違いになるものです。
一般的なウォーターサーバーの電気代を抑えようと設定温度を必要以上に抑えたり、電源を抜いてしまったりすることは衛生上好ましくありません。美味しい水を気にせず気持ちよく飲めるよう、機種選びは慎重にすることが大切でしょう。

水宅配をするとサーバー代が無料になるので好きなだけ自宅で水を飲むことができます。サーバー選びに失敗もしないので助かります。