故障した時の対応について

素早く製造元に確認する事が重要

何かの理由によって、ウォーターサーバーが故障した時、そのまま使い続けるのは大変危険です。感電などの可能性があり、人体に大きな影響を及ぼす恐れがあるからです。その他にもウォーターサーバーの水質が著しく低下し、安全が確保できない可能性も出てきます。その為故障した時は、製造元に電話もしくはメールを行い、対処法を教えてもらうのが一般的です。
この時に気持ちを落ち着かせて、的確に故障している状況を伝えるのが重要です。それによって、製造元がどのような対処を行えばいいのか冷静に教えてくれます。無理やりウォーターサーバーを使用するのは、大変危険でウォーターサーバーだけではなく、周りにも被害を与える恐れがあるので要注意です。

安全対策の為に電源を切る事が大切

明らかにウォーターサーバーが故障していると分かった時は、安全対策の為に電源を切る事が大切です。電源を切れば、漏電などの恐れも無い為、感電してしまう危険を排除できます。そして電源を切った後は、水を抜いておくと水漏れなども防ぐ事ができるので、被害を最小限に抑えられます。
ただしウォーターサーバーの種類やタイプによって、適切な対処が違います。一般的なウォーターサーバーは、電源を切って、水を抜けば安全です。詳しい情報に関しては、ウォーターサーバーを購入した時に付属していた説明書を確認すれば、すぐに把握できます。ウォーターサーバーばかりに注目が集まってしまって、安全面を考慮し忘れるケースが多い為、気を付けないといけないです。

機種のサイズにもよりますが、平均的なウォーターサーバーの電気代は、ひと月千円前後です。保温機能を上手く利用しているため、あまり電気代は高くなりません。